ドリップバッグOEM

ドリップバッグコーヒーのOEM・PB(プライベートブランド)商品生産

NuZeeJAPANでは、ドリップバッグコーヒーのOEM商品、PB(プライベートブランド)商品の企画を行っています。
ベンチャーである強みを活かした、商品開発力・パッケージデザイン力・生産管理力を用いて、様々なシーンに合わせた、お客様オリジナルのドリップバッグコーヒーの企画をサポート致します。
商品企画や商品パッケージのデザインなどなんでもご相談に応じます。どうぞお気軽にお問合せください。

ニュージージャパンのドリップバッグコーヒーOEMサービスの特徴

NuZeeJAPANのドリップバッグコーヒーのOEMサービスには以下の大きくは2つの特徴があります。一つ目は、小ロット・短納期に応えることが出来る点、また、二つ目は自社がコンシューマー向けのコーヒーメーカーであるからこそ「おいしいコーヒー」を作ることが出来、安全管理や衛生管理を徹底している点。

  • 持ち込みの豆OK!
  • 短納期もご相談ください!
  • ロットに合わせて価格もご相談可!

ドリップバッグコーヒーOEMの料金・費用について

ドリップバッグコーヒーのOEMサービスの料金例です。

料金・費用

1つあたり、15〜80円で作成致します。

製造ロット

最小ロット 1,000袋より可能。大ロット生産も短納期で対応します。

フィルム

パッケージデザイン、印刷ロット、費用はご相談に応じます。

コーヒー原料

お客様の要望、ご予算に応じて、使用するコーヒー原料をご提案させていただきます。
お客様よりコーヒー原料(生豆、焙煎豆、粉)の持ち込みも可能となります。

1袋当たりの対応内容量

7g~15gの範囲でお客様のご要望に応じます。酸化防止のための窒素ガスを充填します。

お問い合わせ・見積り依頼

コーヒーに関する有資格者の細田がセレクト「今」オススメのOEM用コーヒー豆

コーヒーに関する有資格者の細田

カフェインレスコーヒー♪

寝る前にコーヒーが飲みたいとき、そんな時でも気軽に飲んでいただけるカフェイン97%カットのカフェインレスコーヒー。妊娠中・授乳中、カフェインが苦手という方にもおすすめします。カフェインレスコーヒーと言っても、コーヒー本来の味と香りがしっかりと出ているので、今注目のコーヒーになります。

ドリップバッグコーヒーOEMのコーヒー袋・パッケージデザイン

  • 1度の制作で同時に8種類のデザインが可能!
  • パッケージデザインも短納期可能!
  • 持ち込みデザインも可(高さ200:横100:350dpi)!

銀フィルム:デザインなし

    使用

    ノベルティー向け。販売活動に用いる。

    数量

    1,000袋~

    単価

    要ご相談

    納期

    打ち合わせの上、商品注文後約2週間

    コーヒー

    お客様より支給、またはご要望をお聞きし、サンプリングしていただき選定。

Print パッケージデザイン

オリジナルデザイン印刷

    特徴

    オーダー数量分のみフィルム印刷(余計な資材在庫を持つ必要がありません。)

    数量

    オリジナルデザイン印刷が1,000袋より可能。

    単価

    要ご相談

    デザインについて

    オリジナルデザインのパッケージをご希望されるお客様の場合、
    お客様にてデザインデータご用意して頂くか、デザイン案について
    打ち合わせをさせて頂いた上、弊社にてデザイン制作をさせて頂くことで
    対応は可能です。

オリジナルデザイン ボックスデザイン

デザイン支給の場合

    お客様よりデザインの支給をお願いいたします。

    形式

    イラストレーター/(拡張子.ai) Adobeillustrater CC以降バージョンが望ましいです。 データ送信時には使用したバージョンの連絡と確認用のPDFファイルを添付の上送信してください。

お問い合わせ・見積り依頼

コーヒー豆の原産地についてもご要望ください

NuZeeJAPAN(ニュージージャパン)では数多くの原産地から、様々なコーヒー豆を用意しているので、お客様のご要望に合わせたコーヒー豆を使用したドリップバッグコーヒーを作ることができます。 1つひとつ風味・香り・おすすめの利用シーンなど、それぞれのコーヒー豆の特徴に違いがあります。気になるコーヒー豆があればお気軽にお問い合わせください。

:現在対応しているコーヒー豆の原産地

中南米

ブラジル

香りの甘さが軽快で酸味・コク、苦みともに軽くバランスが良いです。

南米大陸の北東部に位置し、南米大陸で最大の面積を誇るブラジル連邦共和国。 熱帯、亜熱帯、温帯にまでおよぶ広大な国土を有しています。 1800年初頭からコーヒーの栽培がすすめられ、「コーヒー大陸」の名にふさわしく、 世界第1のコーヒー生産・輸出国となっています。

コロンビア

甘い香りとまろやかな酸味、コクがあります。

国土面積約113万平方km(日本の約3倍)で、南米大陸北端の共和国。 基本的には熱帯性の気候ですが、気候はアンデス山脈の高度によって変わり、 熱帯、亜熱帯、温帯、寒帯と変化します。コーヒーの産出量はブラジルに次いで多く、 ストレートとしてもブレンドの一要素としても人気があります。

コスタリカ

芳醇な香りと適度な酸味が混ざりあい、上品な味がします。

コスタリカは中米南部に位置し、北はニカラグア、南はパナマに接しており、 南は太平洋に、北はカリブ海に面しています。 19世紀以降のコーヒーなどの輸出を背景に経済成長が続きました。 また、「環境保護先進国」として名高く、国立公園・自然保護区の総面積は全国土の4分の1を超えるといわれています。

グアテマラ

甘い香り、上品な酸味、芳醇な風味があります。

世界文化遺産にも登録されているティカルやキリグアなど、マヤの大遺跡で知られるグアテマラ。 中米の北西部にあり、カリブ海と太平洋に面する共和国。国土の70%が高原で、 火山と地震帯が多く、高地の温暖な気候から海岸地帯の熱帯性気候まで変化に富みます。

ペルー

優しい香りとまろやかな酸味に、余韻の残るしっかりとしたコーヒー感が特徴です。

南米大陸の西海岸沿いの中央部に位置し、エクアドル、コロンビア、ブラジル、チリと国境を接しています。 ペルーの国土は3つの地形に分けられ、太平洋側の沿岸地帯コスタ、アンデス山脈の山岳地帯シエラ、 アマゾンの密林地帯セルバとなります。気候としては基本的には熱帯ですが、 標高の差や南北の差によって各地域で大きな違いがあります。 アンデス山脈の雪解け水や熱帯地方の豊富な雨量、寒暖の差の大きな気候と、 良質なコーヒーを栽培するには最適な条件が整っています。

ホンジュラス

フルーツのような甘い香りとキレのいい上質な酸味が味わえる。

中米地峡の中央部に位置し、北はカリブ海、南は太平洋に面しています。 また、西はグアテマラ、南西はエルサルバドル、南東はニカラグアに接しています。 基本的に熱帯気候であり、カリブ海岸低地は高温多湿の気候であるものの、 国土の60%以上が山岳地帯、標高1,000〜1,500mの高原地域では常春に近い気候になります。

東南アジア

インドネシア

コクのあるやわらかな苦味と、上品な風味があります。

東南アジア南部の国で、赤道の南北に広がる約13,600を数える群島国家。 インドネシア全体から見るといわゆる零細な小規模農園が全農園数の約95%で、 残りの数%の大規模農園は民営と国営が同数を占めます。 アラビカ種は標高1,000m以上の高地で栽培され、全生産量の10%、 残りはロブスタ種で日本はインドネシア・ロブの最大の輸入国となっています。

ベトナム

強い苦味と特異な香りがあります。

アフリカ

エチオピア

フルーツのような甘酸っぱい香りと、まろやかな酸味とコクがあります。

国土面積約110万平方km(日本の約2.9倍)で、コーヒーの産地は北西から西南部にかけてのアビシニア高原、 東部のハラー高原に大別されます。 アビシニアにあるコーヒー発祥地カファ地方の内陸的気候と東部のハラー地方とでは雨量や風、土壌などが異なります。 コーヒー発祥の地とも言われ、エチオピアでのコーヒーは社会的、文化的に重要なセレモニー(儀式)に 提供される飲み物の一つとされています。

ドリップバッグコーヒーOEM/プライベートブランド(PB)の流れ

お問い合わせ・ご相談

お好みのコーヒーの香り・テイスト、製造ロットなどまずはお気軽にご相談下さい。

お問い合わせ・見積り依頼

お見積り

お客様のご相談・ご要望内容をもとにお見積を作成いたします。

商品のご提案

お見積内容と合わせ、お客様のご希望に沿ったコーヒーのテイスト・実際の完成品のイメージを、コーヒー豆に詳しい専門のスタッフがご提案します。

デザインの作成

お客様のイメージに合わせたデザインを作成いたします。お客様がお持ちのデザインデータをもとに作成するだけでなく、デザイン案について打ち合わせを行いオリジナルデザインを作成することも可能です。

試作・サンプリング(※ご希望の方のみ)

試作・サンプリングをご希望の方は小ロットで作成することができます(※料金別途)

パッケージ印刷

作成したデザイン・ご希望の製造ロットをもとにパッケージ印刷を行います。

製品製造/焙煎・粉砕(グラインド)・パッキング(充填加工)

製品の製造、焙煎・粉砕(グラインド)、パッキング(充填加工)を行います。

商品発送

完成後すぐにお客様のもとへ完成品を発送いたします。

お問い合わせ・見積り依頼

ドリップバッグコーヒーOEMのよくあるご質問

Qデザインも一緒に作成してもらうことはできますか?

A打ち合わせをさせていただき、お客様のイメージに沿ったデザインを作成いたします。

Qドリップバッグコーヒーは最低何個から依頼できますか?

A最低1000袋から作成可能です。

Qコーヒー原料(生豆、焙煎豆、粉)の持ち込みは可能ですか?

Aはい。お客様がコーヒー原料を持ち込むことも可能です。

Q納期はどれくらいですか?

A打ち合わせの上、商品注文後約2週間で納品いたします。

Q一度にどれくらいのデザインをつくれますか?

A一度の制作で同時に8種類のデザインをつくることができます。

ドリップバッグコーヒーOEMの参考実例

ドリップバッグコーヒー/デジタル印刷

使用

小ロット・短納期に対応可能

数量

1,000袋~

単価

要ご相談

納期

打ち合わせの上、デザインデータ入稿後約3週間

コーヒー

お客様より支給、またはご要望をお聞きし、サンプリングしていただき選定。

※納期について、弊社の都合上遅れる可能性がございます。何卒ご了承ください。

ドリップバッグコーヒー(グラビア印刷)

仕様

低コストに対応可能。豆の原産地のご要望も承ります。

数量

60,000袋~

単価

要ご相談

納期

打ち合わせの上、コーヒー袋のフィルムデザインデータ校了後最短1ヶ月半

コーヒー

お客様より支給、またはご要望をお聞きし、サンプリングしていただき選定。

紅茶、ハーブティーでも対応(単価は別途相談)

ドリップバッグコーヒーOEMのオススメ利用シーン

  • プライベートブランド
  • 結婚式での引き出物に
  • ギフトの企画物として
  • 誕生日プレゼントに
  • 展示会の記念品として
  • オフィス用のオリジナルコーヒーとして
  • 自分だけの特別なコーヒーとして
  • 広告作成に
  • お中元・お歳暮として
  • 還暦のお祝いの御返しの品として
  • 会社のノベルティグッズとして

ドリップバッグコーヒーOEMの利用実例

【ギフトカタログ会社様】

ギフトカタログへオリジナル品を商品化。主に、ブライダルのカタログ提携商品として販売。

【企画商社様】

プロジェクトに当てはまるパッケージイメージ、原料を用いてブランディングに使用。

【自家焙煎珈琲店様】

自店で焙煎したコーヒー豆を支給していただき、コーヒー袋はアルミ無地のものを使用し、小ロットで充填加工。オリジナルのコーヒー豆をノベルティとして使用いただいております。

お問い合わせ・見積り依頼