Coffee blenders Relaxに配合されている「テアニン」とは


img_coffee_des02

Coffee blenders Relaxに配合されている機能性成分は、テアニンです。テアニンの主成分は、茶葉に含まれる非タンパク性アミノ酸となります。

1杯あたりのテアニンの含有量を緑茶の種類別に比較すると、抹茶が約36mg、玉露が約34mg、煎茶が約10mgと言われています(これに対して、Coffee blenders Relaxには1杯あたり200mgのテアニンが含まれています。)。

テアニンには、摂取するとその効果として、リラックス効果が期待できるとされており、日々のストレスや不安感の解消への一助となります。

テアニンの効果:α波

テアニンを摂取するとなぜストレスや不安感の解消といった効果が期待できるのでしょうか。その答えは、α波にあると言われています。

テアニンを摂取すると、摂取から約40分以内に、脳波にα波が出現します。脳波にα波が出現することによって、β-エンドルフィンというホルモンが分泌されます。このβ-エンドルフィンにストレス解消効果があると言われているのです。

したがって、β-エンドルフィンが分泌される状態を作り出すα波を出現させることのできるテアニンにはストレスや不安感の解消といった効果が期待できるというわけです。

テアニンの効果:PMS(月経前症候群)に対して

テアニンの効果として、 PMSの症状を軽減することが期待できると言われています。

PMSは月経に伴い、月経が始まる2週間前程度より、イライラや不安感といった精神面の症状や眠気や疲れやすさといった身体面での症状を感じるといった諸症状を引き起こします。

テアニン200mgの摂取を生理前の約10日間、2周期摂取した女性の7割がPMSの軽減を体感しています。

テアニンの効果:睡眠改善

テアニンには、快適な睡眠リズムを整える効果も期待されています。先にも述べたように、テアニンにはα波を出現させるといった効果があると言われています。このα波によるリラックス効果が睡眠改善へも良い効果があると期待されている要因です。

睡眠の途中で目が覚めてしまう、寝ているのになかなか疲れがとれないといった場合に、テアニンがその改善の一助となり得ます。


NuZeeJAPANのダイエットに最適なファンクションコーヒー(Coffee BLENDERS)はこちら

ドリップバッグコーヒーOEM/プライベートブランド(PB)製作はNuZeeJAPAN