バターコーヒーのダイエット効果は?バターはどれがいい?


美に敏感な海外セレブたちの間で流行しているバターコーヒー。

シリコンバレーで活躍する起業家のデイヴ・アスプリー氏が、自ら実践したダイエット方法が元になっています。

カロリーが高いバターでどうやってダイエットができるのでしょうか?今回は、バターコーヒーについてご紹介します。

バターコーヒーのダイエット効果は?

img_buttercoffee01.jpg

出典 http://www.drscottlittle.com/

完全無欠コーヒーが生まれるまで

IT起業家としてシリコンバレーで成功したデイヴ・アスプリー氏は、自身の体験を綴った食事と栄養学の本、「シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」の中で、バターコーヒーのダイエット効果について記しています。

社会的地位を高めると共に、肥満と体調不良に悩まされるようになった彼は、自らを実験台にして、ダイエット法はもとより、心身の能力を向上させる方法について模索します。

そこでデイヴ・アスプリー氏が辿り着いたのが、「完全無欠コーヒー」を飲むこと、つまりバターコーヒーを飲むことでした。

気になるダイエット効果は?

コーヒーにダイエット効果があることはよく知られていますが、そこにバターを入れて飲むことで、果たしてダイエットに効果を発揮するのでしょうか?

バターコーヒーの主なダイエット効果として、便秘解消や満腹感が得られることがあげられます。そのため、朝食を摂る代わりに、バターコーヒーを飲むことがすすめられています。

ちなみに、このダイエット方法の提唱者のデイヴ・アスプリー氏は、バターコーヒーを飲むなどのダイエット法でかなりの減量に成功しています。

ただし、バターコーヒーで使用するバターは、ふつうのバターやマーガリンではいけません。高品質の無塩バターは、不飽和脂肪酸を含んでいます。

不飽和脂肪酸は、血液をサラサラにする効果があったり、悪玉コレステロールを抑制したり、血液中の中性脂肪やコレステロール値を整えます。

ですから、バターコーヒーダイエットをする際には、どんなバターでも使用できる訳ではないということを覚えておきましょう。

バターコーヒーに適したバターとコーヒーは?

img_buttercoffee02.jpg

出典 http://phickle.com/

グラスフェッドバターを使用しよう

ダイエット目的でバターコーヒーを作るのなら、バター選びが鍵になります。バターコーヒーにぴったりのバターは、グラスフェッドバターです。

放牧飼育され、牧草だけを飼料として育てられた牛のバターのことをグラスフェッドバターと呼びます。ふつうのバターに比べると塩分が非常に少なく、ビタミンAやカロチン、ビダミンDやビタミンEを多く含んでいます。

しかし、なかなか日本では入手しにくいバターなため、代用品としてセーブルバターやエシレバターなどを使うこともできます。

バターコーヒーに適したコーヒーと作り方

バターコーヒーのダイエット効果を得たいなら、バターにこだわる必要があります。しかし、コーヒーに関しては、淹れたてのホットコーヒーであれば、自分の好みのものを飲むことができます。

気になるバターコーヒーの作り方は下記の通りです。

  1. お好みをコーヒーをカップ1杯淹れます。
  2. グラスフェッドバターもしくは、フランス原産地呼称委員会が管理しているAOCバターを10g、コーヒーに入れます。
  3. さらに、ココナッツオイルを大さじ1杯入れることで、さらなるダイエット効果を期待することができます。
  4. バターとココナッツオイルがよく混ざってから、コーヒーを飲むようにしましょう。

 

このコーヒーを朝食の代わりに飲めば、脂肪燃焼や代謝アップなどのダイエット効果が得られるでしょう。

まとめ

今回は、海外セレブの間で大人気のバターコーヒーをご紹介しました。

バターコーヒーで高いダイエット効果を得ようと思うなら、バターにこだわること、朝食の代わりにバターコーヒーを飲むこと、そして1日2杯までにしておく必要があります。

ダイエット効果だけでなく、仕事の生産性まであがってしまいそうなバターコーヒー。

ぜひ一度チャレンジしてみたいですね。