コーヒーにオススメのパン


8Blog4

パンとコーヒーはもちろん、よく合います。でもパンの味もいろいろ、コーヒーの味もいろいろあります。詳しく見てみるとそれぞれ、相性の良い組み合わせがあります。

コーヒー豆の煎り方による味の違い。

コーヒー豆の焙煎は、8段階に分けることができます。それによって酸味から苦味と味に特徴がわかれます。
●浅煎りと言われるのが、ライトローストとシナモンロースト。
味は酸味があり、コクや苦味が少なくさっぱりとした味が特徴です。

●中煎りと言われるのが、ミデアムローストとハイロースト。
味は酸味と苦味のバランスが良く、コクがありほどよい香りが特徴です。

●深煎りと言われるのが、シティローストとフルシティローストとフレンチローストとイタリアンロースト。
味は苦味があり、濃厚なコクと強い香りがある酸味が消えた味が特徴です。

8blog3

浅煎り、中煎り、深煎りにそれぞれ合うパンは。

浅煎りは酸味が特徴なので、パンも酸味のあるパンが良く合います。酸味のあるパンはライ麦やカンパーニュなどが一般的です。またドライフルーツの入ったパンなどもレーズンなどの酸味とも相性が良いと思います。

中煎りは、酸味も苦味をバランスが良いので、スタンダードな食パン、フランスパン、ベーグルなど定番でプレーンな味のパンによく合います。中煎りのコーヒーは様々なパンと合いますので、一番無難な組み合わせになりますので朝食からおやつまでいろいろなシーンで楽しめる組み合わせだと思います。

深煎りはコクや苦味、香りも強いので味の濃いパンによく合います。
生地にバターをたっぷり使うクロワッサンやデニッシュ生地のパンや、チョコレートやクリームといった甘みの強いパンにオススメです。また、カレーパンなどの揚げパンなど味の濃いパンにも、濃厚なコクや苦味、香りの強い深煎りのコーヒーの味は負けないので、オススメです。

サンドイッチなど、挟む具材によっては酸味のある具材には、浅煎りのコーヒーがオススメです。また、コロッケやカツサンドのように味の濃いもの、油分の多い具材には深煎りのコーヒーがオススメです。

8blog5

お好みのコーヒーにこだわってコーヒーを楽しむの良いですが、一緒に食べるパンの味に合わせて、いつもと違った焙煎のコーヒーを飲んでみるのも新しい好みの発見ができるかもしれません。

コーヒーの焙煎による味の違いと、一緒に食べるパンの味の組み合わせにこだわってみる事で、食事やおやつを美味しく、楽しく食べる事が出来るのはないでしょうか?コーヒーの味くらべをしてみてください。