ダイエット中でも甘いコーヒーが飲みたい!そんなときオススメのシュガーは?


ダイエットに甘いものは天敵・・・。わかってはいるけれど甘いもの好きにとって糖質制限は、なかなか辛いものです。

そこで今回は「痩せたいけど、甘いものも捨てられない!」という方のために、ダイエット中にオススメのシュガーをご紹介します。

甘いコーヒーでほっと一息つきながら、ストレス無くダイエットを成功させてはいかがでしょうか?

 

ダイエット中にはカロリーの低い「黒砂糖」を


コーヒーに入れるシュガーと言えば、スティックシュガーや角砂糖を思い浮かべる方が多いでしょうが、砂糖には他にもグラニュー糖や上白糖、黒砂糖などたくさんの種類があります。

砂糖の種類によって味や見た目に差はありますが、ダイエット中に気になってくるものといえば、やはりカロリーですよね。味に違いがあるのと同じで、カロリーにも違いがあります。

以下は、各砂糖100g中に含まれるカロリーの量です。
 

  • グラニュー糖 387kcal
  • 角砂糖 387kcal
  • コーヒーシュガー 387kcal
  • 上白糖 384kcal
  • 和三盆糖 383kcal
  • 三温糖 382kcal
  • 黒砂糖 354kcal

 
表を見てわかる通り、カロリーが高いのがグラニュー糖・角砂糖・コーヒーシュガーの3種類です。どれもコーヒーに入れることの多い砂糖ですよね。

一方、カロリーが低いとされるのは、黒砂糖。黒砂糖とは、サトウキビを絞った汁で作られる砂糖のことで、その名の通り黒い色をしています。黒砂糖100g中のカロリーは、354kcalと砂糖のなかでも断トツに低く、グラニュー糖との差はなんと33kcalです。

少しでもカロリーを抑えたいダイエット中にこの30kcalの差は、とても大きいでしょう。カロリーを気にするなら、コーヒーに入れる砂糖は、黒砂糖で決まりです。

また、ダイエット中の砂糖に黒砂糖をオススメする理由は、カロリーが低いというだけではありません。黒砂糖は、カルシウム・鉄といったミネラルやビタミンが含まれていることでも知られています。

栄養分が不足しがちなダイエット中に、甘さ以外の部分を補給できるというのは嬉しい話ですよね。

ただし、注意してほしいのが黒砂糖の味わいと香り。黒砂糖は、カロリーが低いという面ではコーヒーへのシュガーとして最適ですが、白砂糖とは違い、独特の香りやコクのある甘みがあります。

コーヒーの風味を楽しみたいという人にとっては、デメリットなる可能性もありえるので注意しましょう。

 

栄養素がたっぷり入った、メープルシロップもオススメ


黒砂糖よりもカロリーの少ない甘味料を探しているという方には、メープルシロップがオススメです。メープルシロップは、サトウカエデなどの樹液から作られる甘味料で、砂糖とはまた一味違った、独特の風味を堪能することができます。

カナダの特産物としても知られ、現地ではシロップの味や風味によって等級分けがされています。

メープルシロップというとホットケーキやワッフルにかけて食べるイメージがありますが、コーヒーとの相性もバツグン。甘さを出すだけでなく、苦みを引き立てより一層味わい深くしてくれます。

気になる100g中のカロリーは257kcal、と砂糖と比べると約100kcalも低い計算です。100kcalは、ご飯茶わんに換算すると約1/2杯分。消費するために15分ほどのジョギングを行う必要があることを考えると、かなり大きな差と言えるのではないでしょうか。

また、古くから栄養素が豊富なことでも知られ、カルシウムやカリウム、マグネシウムなどが多く含まれています。

ここまで聞くと、カロリーが低く、栄養素もあるメープルシロップは、言うことなしの甘味料といった印象ですが、残念ながら値段が高いというデメリットがあります。

1本のサトウカエデから1リットルほどのメープルシロップが取れないため、希少価値があり1本の値段がとても高くなっているのです。

一般的に売られている砂糖が500g・130円ほどなのに対し、メープルシロップは、330g・700円とその値段は倍以上。等級が上に行くほど高級にもなり、なかなか手軽には購入できないものと言えるかもしれません。

ちなみに先ほど紹介した黒砂糖は、500g・540円とメープルシロップよりも値段がリーズナブルなものも多く、購入しやすいと言えるでしょう。節約したいという人は黒砂糖を、よりカロリーが低い甘味料を探しているという人はメープルシロップを購入するというのがよさそうですね。

 

黒砂糖で甘いコーヒーを楽しんで


ダイエットにオススメのシュガーについて詳しくご紹介しましたがいかがでしたか。ダイエット中に甘いコーヒーを飲みたいというときには、砂糖のなかでもカロリーの低い黒砂糖や栄養素が豊富に入っているメープルシロップがオススメです。

とはいえ、大量の摂取は禁物です。カロリーが低いから大丈夫とたくさん摂取してしまってはあえてカロリーの低い砂糖を使っている意味がありません。適切な量を自分で見極めて摂取するようにしましょう。

今回ご紹介した黒砂糖とメープルシロップを使えば、砂糖よりも気軽に甘いものを食べることができそうです。甘いコーヒーを飲みながら、ダイエットを楽しく乗り切ってはいかがでしょうか?


NuZeeJAPANのダイエットに最適なファンクションコーヒー(Coffee BLENDERS)はこちら

ドリップバッグコーヒーOEM/プライベートブランド(PB)製作はNuZeeJAPAN