アメリカ発ダイエット♪脂肪燃焼の効果が期待されるグリーンコーヒー


coffeeimg12-3

最近、アメリカセレブを中心にブームとなっている「グリーンコーヒー」を知っていますか?グリーンコーヒーは、その名の通り、焙煎されていないコーヒー豆のことです。このグリーンコーヒーには、通常の焙煎されているコーヒーには含まれていない成分が含まれており、それがダイエットや美容効果をもたらすと今話題になっています♪徐々に日本にもブームが押し寄せており、手軽にお試しいただけるんです。グリーンコーヒーとはどんな成分が含まれていて、どんな効果があるのかをご紹介します。

 

違いは含まれている成分。グリーンコーヒーは焙煎しないコーヒー豆

グリーンコーヒーは、その名の通り緑色をしたコーヒー豆です。普段私達が飲んでいるコーヒーは、焙煎されて茶色になっていますが、焙煎される前のコーヒー豆は緑色をしています。実は焙煎する前の状態でも、通常のコーヒーと同じようにお湯や水を使って簡単にコーヒーとして飲むことができるのです。

 

女性に優しい♪グリーンコーヒーはカフェインが少ない

coffeeimg12-1

最近よく「ノンカフェイン」という言葉を良く耳にします。そもそもなぜカフェインを意識する必要があるのでしょうか?その理由は、カフェインには利尿作用や眠気覚ましなどの嬉しい効果もある中、胃腸を弱らせたり自律神経を乱すなどのうれしくない一面があるからです。種類にもよりますが、グリーンコーヒーのカフェイン含有量は、少ないものだと通常のコーヒーの1/10程度です。

ダイエット効果の鍵はクロロゲン酸

グリーンコーヒー最大の特徴は、何と言っても「クロロゲン酸の有無」です。通常のコーヒーと比較すると、含有量はなんと5倍!クロロゲン酸はポリフェノールの一種で、熱に弱い成分です。その為、通常のコーヒーは焙煎する過程でクロロゲン酸が分解されてしまいます。グリーンコーヒーは焙煎しないため、クロロゲン酸が消えずにたっぷり含まれているのです。

クロロゲン酸といえば脂肪燃焼効果

coffeeimg12-4

身体に摂り込まれた脂質はミトコンドリアによってエネルギーとなります。脂質を効率よく消費するには、ミトコンドリアの働きを活性化させることが重要なのです。クロロゲン酸には、ミトコンドリアの働きを助ける成分が含まれており、効果的に脂肪燃焼を行う手助けをしてくれます。さらにクロロゲン酸には、脂肪の蓄積を和らげる効果も期待できます。

グリーンコーヒーって美味しいの??

coffeeimg12-2

グリーンコーヒーは、見た目は緑茶のような美しい緑色をしています。通常のコーヒーと特に変わりはなく、ほんのり甘く苦みが少ない味わいです。コーヒーの苦さが苦手な方でも、もしかするとグリーンコーヒーなら飲めるかもしれません!

 

グリーンコーヒーの楽しみ方

グリーンコーヒーには、豆や粉タイプ更にはティーバッグタイプも販売されています。ティーバッグを持ち歩き、運動前に飲む♪なんてスタイルもおすすめです。コーヒーの味が苦手・・・そんな方にはサプリメントもあるそうです!自分にあった方法で、日々の生活にとりいれられると、より健康的な生活を手に入れられるかもしれません♪

 

まとめ

今回は、アメリカ発ダイエット飲料の大人気グリーンコーヒーをご紹介しました。

グリーンコーヒーのおすすめポイント

  • カフェインが少なく、体に優しい
  • クロロゲン酸含有量が豊富で、脂肪燃焼効果や脂肪の蓄積を和らげる効果が期待
  • ティーバッグやサプリメントが販売され、生活に取り入れやすい

色々なダイエットを試したけど、続かなかった。効果が感じられなかったという方。コーヒーを飲むだけのダイエット法なら、きっと続けることができるのではないでしょうか。自分にあったスタイルで、なりたい自分を目指してみませんか?