コーヒーを飲むならどっち?ホットコーヒー派、アイスコーヒー派


coffee-1285963

気温も上昇し暑いとホットコーヒーよりアイスコーヒーを多く飲みがちですよね。
暑い中を出歩いた後に、氷がいっぱい入ってキンキンに冷えたアイスコーヒーを飲むと生き返ります。

でもホットコーヒーとアイスコーヒーは、温度以外に何か違いがあるのでしょうか?

コーヒー通から言わせるとアイスコーヒーは、

  • 香りがない
  • コーヒー豆の特徴が出にくい
  • 苦味が強くなり味の違いがなくなる

のだそうです。

そもそもコーヒーをアイスで飲む文化は、日本から生まれたと言われており、
世界ではコーヒーをアイスではあまり飲まないようです。

「香りがない」

ホットコーヒーのときはその湯気で、コーヒーの良い匂いが漂ってきますが、アイスコーヒーではそれが皆無です。
湯気により漂う香りはないものの、口に含んだ時に香るコーヒーの味や香りはアイスコーヒーでも違いが出ているのではないでしょうか。

「コーヒー豆の特徴が出にくい」

ホットコーヒーでは、焙煎度合いによりわずかな差でも味に違いが出るのです。
しかしアイスコーヒーにした場合は、コーヒーの温度が低くホットでは感じなかった酸味が強く出てくるため、コーヒーの苦味を感じなくなってしまいます。
そのため、アイスコーヒーで使用するコーヒー豆は深煎りを使用するのが一般的です。

「苦味が強くなり味の違いがなくなる」

これは先ほども書きましたが、アイスコーヒーは酸味を抑えるために深煎りのコーヒー豆を使用します。
そのため、それぞれの豆の特徴が出にくく苦味が強くなっています。
また、冷たいと人間の舌は苦味を強く感じるため味の違いを感じにくくなってしまうのです。
ふだんホットコーヒーでは、ブラックコーヒーを楽しんでいる人でもアイスコーヒーには、
シロップやミルクを入れて楽しむのは苦味を強く感じてしまうからというわけです。

では、コーヒーの効果に差はあるのでしょうか?

コーヒーに含まれるクロロゲン酸やカフェインは、ホットコーヒーの方が効率よく吸収されるようです。
ですから、本当は暑い夏でもホットコーヒーをおすすめします。
カフェインの効果もホットコーヒーよりは遅く、コーヒーを飲んでから1時間後くらいに効能が現れるようです。

またアイスコーヒーがホットコーヒーよりダイエット効果がないと言われるのは、このガムシロップやミルクを入れて飲む機会が多いため。
また、満腹感もホットコーヒーに比べて持続しないとか。

そうは言っても、汗をかきながら暑いコーヒーはちょっと・・・
と思われる場合は、ガムシロップやミルクなどは入れずできるだけブラックで飲むようにしたいものです。