炭水化物を抜いてコーヒーダイエットをすると良いのはなぜ?


炭水化物抜きダイエットは、ご飯やパン、パスタなどの炭水化物を食事から抜いて糖質制限を行うダイエット法です。

炭水化物が大好きな方には辛いかもしれませんが、コーヒーダイエットを上手に組み合わせることでダイエットを続けやすくなります。

今回は、炭水化物抜きダイエットのデメリットと、コーヒーダイエットをプラスするメリットについてご紹介します。

炭水化物抜きダイエットとは?

img_better-wheat-bread01-jpg

出典 https://www.geneticliteracyproject.org/

わたしたちが1日に必要とするカロリーは、年齢や性別、そして生活環境によってそれぞれ異なります。

しかし、一般的な炭水化物の摂取目安は、1日の必要摂取カロリーのおよそ60%まで。炭水化物は体内で主なエネルギー源となるため、多く摂取するようになっています。

しかし、炭水化物を過剰に摂取することで、エネルギーとして消費されなかったブドウ糖は脂肪となって蓄えられて太る原因になってしまいます。

炭水化物抜きダイエットでは、糖質制限することで摂取カロリーを抑えることができます。

また、ブドウ糖不足を補うために体内の脂肪を燃やしてエネルギーを生み出すようになります。

そのため、炭水化物の摂取量を制限することで、大きなダイエット効果が得られます。

炭水化物抜きダイエットのデメリット

糖質制限し、炭水化物の摂取量さえきちんとコントロールできさえすれば、あとは好きなものを食べることができるこのダイエット方法。

極端な食事制限を伴うダイエット法とは違い、それほど辛く感じないというメリットがありますが、リバウンドしやすいというデメリットがあります。

さらに、集中力の低下や体臭・口臭がキツくなる、また、肝臓の機能が低下してしまうために疲れやすくなったり、肌荒れなどを引き起こすデメリットもあります。

コーヒーダイエットを組み合わせるのが良い理由は?

img_coffee-diet02-jpg

効果を出しやすいダイエットですが、複食の際にリバウンドしやすいのが問題点の炭水化物抜きダイエット。炭水化物の摂取量をコントロールしなければならないため、慣れるまでは空腹感に襲われることもあります。

一般的には、1日3食の食事のうち、1食か2食を炭水化物抜きで済ませることで、大幅な減量効果を得ることができますが、このダイエットを続けるには、まず空腹感を制する必要があるでしょう。

その点、カップ一杯飲んだとしても低カロリーなブラックコーヒーを食後に飲むなら、満足感を得ることができ、「辛い」と感じることなくダイエットを続けることができます。

さらに、糖質制限をしながらコーヒーダイエットをするなら、いっそうの脂肪燃焼の効果が期待できます。

炭水化物を抜くことで脂肪がエネルギーとして燃焼されるほか、コーヒーに含まれているクロロゲン酸が脂肪燃焼を促進します。

コーヒーのリラックス効果でストレスを撃退!

ご飯やパンが大好きな方が炭水化物抜きダイエットに挑戦すると、ストレスを感じることも。また、エネルギー不足のために疲労感を覚えることもあるでしょう。

そのような場合には、リラックス効果をもたらし、さらにカフェインによる中枢神経刺激作用で、脳をスッキリさせて疲労感を拭う効果のあるコーヒーが効果を発揮します。

「炭水化物を食べないと物足りない」と感じることがあったとしても、食後にコーヒーを飲む習慣をつけるなら満足感を得ることができ、ダイエットを成功させることができるでしょう。

まとめ

ストレスなく炭水化物抜きダイエットを行うには、コーヒーダイエットと組み合わせて行うことがおすすめです。

コーヒーダイエットをプラスすることで、炭水化物抜きダイエットのデメリットのいくつかをカバーすることができ、ダイエットの相乗効果を得ることができます。

もしも、これから炭水化物抜きダイエットにチャレンジしてみよう、または、チャレンジしたけどリバウンドして失敗したというのであれば、ぜひコーヒーダイエットを組み合わせてダイエットを成功させてみてはいかがでしょうか。


NuZeeJAPANのダイエットに最適なファンクションコーヒー(Coffee BLENDERS)はこちら

ドリップバッグコーヒーOEM/プライベートブランド(PB)製作はNuZeeJAPAN