妊娠中にコーヒーを飲んではいけない?その理由とは?


img_pregnancy

なにかと制限が課されることになる妊娠中、アルコールはもちろん、コーヒーを飲むことも避けるように勧められるのではないでしょうか?コーヒーが大好きな方にとっては、これほど辛いことはないかもしれません。

しかし、妊娠中にコーヒーを避けるべき理由とはいったいどのようなものなのでしょうか?

胎児に影響が出てしまう恐れがあり?

「妊娠中の女性にコーヒーなんてもってのほか!」と言われると、頭では理解していてもついついコーヒーのことばかり考えてしまうようになるかもしれません。

ですが、どんなにコーヒー好きな女性だったとしても、妊娠中はコーヒー断ちする女性が多いようです。しかし、なにもコーヒーそのものが妊婦と胎児に悪影響を及ぼすわけではありません。

実際には、コーヒーに含まれるカフェインがお腹の中にいる胎児に及ぼす影響は見逃すことができないほど大きく、健康な赤ちゃんを産みたいすべての女性にとって、ぜひとも避けるべき成分だと言えるでしょう。

カフェインは母体に入ると、体内のアドレナリン分泌量を増加させます。そうすると、母体の血流が悪くなってしまい、胎児に十分な栄養や酸素が行き渡らなくなる恐れがあります。

さらに、代謝が悪くなる妊娠後期にカフェインを摂取すると、体内に溜まってしまったカフェインが胎盤を通して胎児に伝わります。

体内の肝臓機能が十分に発達していない胎児の場合、カフェインの影響で発育の遅れが見られるようになったり、最悪の場合には命に危険が及ぶこともあります。

貧血を招く恐れもあるカフェイン

コーヒーに含まれるカフェインの影響が懸念されるのは、胎児だけではありません。

実はカフェインには、鉄分の体内吸収を妨げる働きがあり、それがきっかけで貧血になることもあるようです。

そして、体内に摂取されたカフェインは、カルシウムを体外に排出してしまうため、妊婦である女性の骨粗しょう症の原因ともなります。

カフェインの摂取量に気をつけよう

バランスの良い食事を心掛ける妊娠中の女性が、意図せずにカフェインを摂取してしまうことはよくあることです。

カフェイン含有量ではやはりコーヒーが群を抜いているとはいえ、お茶や栄養ドリンクのほか、チョコレートなどにもカフェインは含まれています。

そのため、カフェインをまったく摂取しないと言うのではなく、1日の摂取量に注意するようにすることがなによりも大切になります。

カフェインの摂取量に気をつける際には、1日100mg以上のカフェインを摂取しないように注意しましょう。

つまり、ドリップ式で淹れたコーヒーであれば1杯程度で我慢するようにすれば、それほど神経質にカフェインを排除する必要はないと言えるでしょう。

どうしてもカフェインの影響が気になる場合には?

妊娠中だったとしても、カフェインをまったく排除しなければならない、という訳ではありません。

しかし中には、どんな影響でもお腹の中いる赤ちゃんにとって、少しでも害になると思われるのならできる限りその害を排除したい、と願う母親たちも多いようです。

そのような女性たちがストレスなくカフェイン断ちをできるように、最近ではふつうのコーヒーではなく、カフェインレスのコーヒーが代替品として愛飲されています。

カフェインレスのコーヒーの中には、タンポポの根から作られるタンポポコーヒーがあり、カフェインを含まない安全なコーヒーとして親しまれています。

まとめ

今回は、妊娠中にコーヒーを飲んではいけない理由についてご紹介いたしました。

実際には、100%カフェインを避ける必要はありません。

しかし、母体と胎児双方に影響があることを考えると、できるだけカフェイン抽出の少ない方式で淹れられたコーヒーや、デカフェまたはカフェインレスのコーヒーなどを選ぶ必要があるかもしれませんね。