スリム美人の多いタイはコーヒーダイエット先進国って本当?


しなやかな肢体を持つスリム美人の多いタイでは、日本と同じく「ふくよかさ」よりも「細さ」が美のスタンダードになっています。

コーヒーは、そんなタイの女性たちの美をサポートするのに欠かせません。

今回は、タイのコーヒーダイエットの状況についてご紹介します。

タイのコーヒー事情

img_kaojaicoffee01-jpg

出典 http://www.kaojaicoffee.com/

タイがアジアのコーヒー生産量第3位を誇っていることは、コーヒー通ならよくご存じでしょう。

コーヒーを頼めばネスカフェが出てきたり、ロブスタ種のコーヒーしかなかったかつてのタイを知っている方からすれば、現在のタイのコーヒー事情の変化は驚くべきものかもしれません。

タイ王室がアラビカ種のコーヒー生産に力を注いだことで、現在では「ドイ・チャン」(像の山の意味)や「アカ・アマ」(アカ族の母の意味)など、世界的に評価されるコーヒーが作られるようになりました。

タイのコーヒーダイエット

最近では、インスタントではなく、コーヒーをドリップで淹れてくれるカフェが増えたり、タイ産アラビカ種のコーヒー豆がスターバックスで使用されていたりするなど、タイのコーヒー事情は大幅に変化しました。

ところで、タイのコーヒーダイエット事情はどうでしょうか?

タイを訪れたことのある方なら、現地スーパーマーケットやドラッグストア、そしてコンビニなどで、たくさんの種類のコーヒーダイエット用のインスタントコーヒーが販売されているのを目にされたことがあるでしょう。

タイでは、人気女優がコーヒーダイエットで痩せたのをきっかけに、コーヒーダイエットの人気に火か付きました。

インスタントのダイエット用コーヒーの市場はまだまだうなぎ登りで、手軽にダイエットできることが多くの女性を惹きつけているようです。

どんな効果があるの?

img_thai-diet-coffee02-jpg

出典 http://www.ebay.com/

ダイエット用のコーヒーといっても、銘柄がたくさんあり効用もそれぞれに異なるため、自分の体質に合ったアイテムを選ぶ必要があります。

痩せる成分が豊富に含まれているものから、食欲を減退させる成分が入っているものまで、どんなふうにダイエットをしたいかという観点から商品を選ぶことができるでしょう。

痩せる成分が含まれているコーヒーには、食物繊維やL-カルニチンが配合されており、脂肪を効果的に燃やす働きがあります。

また、食欲を減退させてダイエットを成功させるコーヒーには、ガルシニアが多く含まれており、空腹感を感じることなくダイエットを続けることができます。

東南アジアでは、コーヒーを甘くして飲む習慣があります。

タイも同じく、ダイエット用のコーヒーだったとしても、ほんのり甘味が加えられている商品も多くあるため、おやつ代わりにコーヒーを飲むことができるかもしれませんね。

続けやすいのが魅力のコーヒーダイエット

タイのコーヒーダイエットは、ダイエットに特化したコーヒーを飲むだけで痩せるイメージがありますが、実際に効果を得たいなら運動を加えることが重要です。

食前の30分~90分前にダイエット用コーヒーを飲むことに加えて、運動する前にもコーヒーを飲むことで、運動とコーヒーに含まれている成分の助けで脂肪を効率良く燃焼させることができるでしょう。

ただし、続けて行わなければダイエットを成功に導くことはできません。

その点、タイで販売されているダイエット用コーヒーの値段は非常にリーズナブル。

残念ながら、味のほうは「すごく美味しい!」と、感激するほどのものはありません。

しかし、お財布にも優しく、味もそこそこなのであれば、「コーヒーを飲んでついでに痩せてしまおう!」と頑張ってダイエットを続けることができるのではないでしょうか。

まとめ

美容大国タイは、熱心なダイエッターがたくさん存在します。それらの人々のダイエットライフを支えているものの一つが、コーヒーであることは間違いありません。

もしバカンスでタイを訪れる機会があるなら、ぜひ現地でコーヒーダイエットの人気を肌で感じてみられてはいかがでしょうか。


NuZeeJAPANのダイエットに最適なファンクションコーヒー(Coffee BLENDERS)はこちら

ドリップバッグコーヒーOEM/プライベートブランド(PB)製作はNuZeeJAPAN