間違ったダイエットをしていませんか?気をつけたいNG行動3選


頑張ってダイエットをしているのに一向に痩せない、もしくは、ダイエット中にやつれてきたのであれば、ダイエット方法が間違っているのかもしれません。

間違ったダイエットを続けるのは、身体的にも精神的にも良くありません。

今回は、ダイエットのときに気をつけたい3つのNG行動をご紹介します。

間違ったダイエットは老化を早める?

さらに美しく魅力的になるために、ダイエットをする方は多いでしょう。

ところが、間違ったダイエットを続けていると、美しくなるどころか老化を早めたり、健康に問題を抱えたりする結果に繋がります。

健康的に痩せたいのなら、自分が実践しているダイエット方法が本当に正しいダイエット法なのか、そして自分の体質に合っている方法なのかを知る必要があります。

そのために、間違ったダイエットがどのようなものなのかを知ることは、役に立つでしょう。

1.一つの食品だけを食べ続ける

ダイエットに効果があるからといって、一つの食品ばかりを食べ続けるのは避けましょう。

置き換えダイエットの場合、1日3食のうちの1食をダイエットにあてることが最適とされています。

ですが中には、1日3食すべてをダイエット効果のある食品だけを食べて過ごすという方もいらっしゃるようです。

ダイエットに効果的とされる一つの食品だけを食べ続ける場合、確かにみるみるうちに痩せることができるでしょう。

しかし、栄養バランスが偏ってしまうと、骨粗しょう症などの健康問題を抱えるようになる恐れがあります。

2.炭水化物をまったく食べない

効果の高いダイエット法として、炭水化物抜きダイエットにチャレンジしたことがある方もいらっしゃるでしょう。

食事から炭水化物を抜くと、脂肪が燃焼されやすくなり痩せる効果があります。

しかし、炭水化物をまったく食べない状態が続くと、脳がエネルギー不足になり集中力が欠如したり、肌や髪にも栄養が行き渡らずはりやツヤがなくなったりします。

さらには、弱アルカリ性に保たれている血液が酸性に変化し、免疫機能が低下する恐れがあります。

炭水化物抜きダイエットは、高いダイエット効果を実感できる方法ですが、いったん止めるとリバウンドしやすいというデメリットも。

炭水化物をまったく食べないというよりも、徐々に食べる量を減らすようにしたほうが、健康にもダイエットにも良いでしょう。

3.食事制限のみで運動をしない

ダイエットをするときに、食事制限のみを行って運動をまったくしないことがあるかもしれません。

健康維持にもダイエットにも、運動が大事だとは理解していても、忙しさのあまり「運動をする時間がない!」とおっしゃる方もいらっしゃるでしょう。

しかし、食事制限のみで行うダイエットは、体重を減らすことはできたとしても、美しい身体のシルエットまで手に入れることはできません。

ただ薄っぺらな身体では、たとえ素敵な服を着たとしても、とても魅力的には見えないでしょう。

メリハリボディの美しい身体になるためには、食事制限をすると同時に運動を行うことが求められます。

また、食事制限によるダイエットは、年齢を重ねるごとに痩せにくくなるものです。

もしもリバウンドの心配なしにダイエットを成功させたいのであれば、運動で筋肉を鍛えて、基礎代謝を上げる必要があります。

一般的に、加齢と共に基礎代謝は低下しますが、インナーマッスルを鍛える運動を行うことで、脂肪が燃えやすい身体を作るようにしましょう。

まとめ

今回は、間違ったダイエット法や、ダイエットをするときに気をつけたいNG行動をご紹介しました。

体重を落とすことだけに必死になると、健康を無視してしまうことがあります。

ダイエットで痩せたとしても、健康的に見えなければとても「素敵!」とは言い難いでしょう。

ぜひとも間違ったダイエット法はいますぐお終いにして、正しい方法でダイエットを成功させたいですね。


NuZeeJAPANのダイエットに最適なファンクションコーヒー(Coffee BLENDERS)はこちら

ドリップバッグコーヒーOEM/プライベートブランド(PB)製作はNuZeeJAPAN